健康・栄養研究所 11月勉強会

11月 勉強会は 以下のHACCP手法導入の価値セミナーに代えて開催

給食施設を事例とした、 

HACCP手法導入の価値セミナー

 

HACCP手法とはどんなものか、どんな価値があるのか、どのように活用するのか、給食(調理)施設を事例としたHACCP手法についてセミナーを開催します。 一般消費者、フードサービスに携わる皆様、そして、関連業界に就業予定の学生等どなたでも受講できます。受講者には修了証を発行します。

 

主催 : 名古屋学芸大学 健康・栄養研究所 

     〒470-0196日進市岩崎町竹ノ山57

共催 : NPO HACCP実践研究会 : 

      〒101-0032 千代田区岩本町1-1-4 サンサイド岩本町ビル2F

協賛 : 国際衛生株式会社 :

     103-0023 中央区日本橋本町4-14-7 石金日本橋ビル4F

 

 日 時 : 平成22 11 月27 ( )10:00~17:00

              (受付 9:30より)

 場 所 : 名古屋学芸大学 管理栄養学部 教室 

         名古屋市営地下鉄東山線 上社駅下車

                  上社駅バスターミナル1番乗り場より専用バス(15)

 参加費  2,000円(一般)1,000円(学生)

    50名 

 内容(予定)  

      10:1011:10

         HACCP手法がなぜ必要か、導入するメリットはどこにあるのか」

              講師:NPO HACCP実践研究会 の専門家 を予定しています。

       11:2012:20 

        「給食(調理)施設の微生物の基礎と食中毒防止のポイント」

           講師:NPO HACCP実践研究会 の専門家 を予定しています。

      13:2014:30

        「関連学科・事業・管理栄養士HACCP手法について」

                       講師: 名古屋学芸大学 岸本満

      14:4016:40

       「給食(調理)施設の一般的衛生管理と5Sについて」

      グループワーキング      コーディネーター:名古屋学芸大学 岸本満

      1640~1700「修了証の授与」                     

参加者26名 参加学生24名(3年生) 合計50名