「食品安全マネジメントシステム」の認証

 

1. 食品事業のグローバル化(国際化)⇒食品安全が世界共通の課題。

 

2. PRP(前提条件プログラム/一般衛生管理)や

  HACCPの実績がない事業者との取引では監査が必要

 

3. 監査にはコストがかかる。

 

4. 監査システムの国際的な標準化が必要。

 

5. 小売事業者や製造事業者が、自ら扱う商品の安全性や信頼性を確保するために、監査の一部を肩代わりするものとして、中立的な第三者における 認証を活用

 

6. 認証」:商品やプロセスなどが、特定の規格などの要求事項適合していることを第三者(認証機関)が審査し、証明すること・

 

7. 「食品安全マネジメントシステム」規格が「認証」されていれば、監査の一部を省略できたり、信用や信頼を得ることができる。