ISO22000

Food safety manegement system

 食品安全マネジメントシステム(FSMS)

 

― Requirements for any

  organization in the food chain

   フードチェーンの組織に対する要求事項

 

Codex委員会のHACCP適用のガイドラインをベースにした

食品安全マネジメントシステム要求事項

 

ISO22000は2005年に国際規格として制定、

2018年6月19日に改訂版(ISO22000:2018)が発行。


ISO22000シリーズ

「食品安全マネジメントシステム」に取り組むのは?

 

飼料生産者、一次生産者、食品製造者、

輸送・保管業者、小売業者、フードサービス提供業、

機械・包装材料・洗浄剤・添加物および材料生産者など

 

すべてのフードチェーンにかかわる組織が適用可能

 


ISO規格の要求事項(概要)

組織で使用するプロセス(過程)および

施設・設備と関連して発生することが

合理的に予想されるすべてのハザードを明確にして、

評価し、制御すること。

 

HACCPの原則と

PRP (前提条件プログラム/一般衛生プログラムなど)

を組み合わせて、

安全な製品を生産、提供するための

マネジメントシステムを構築すること。

 


ISO:2018規格要求事項の章構成

1 適用範囲

2 引用企画

3 用語及び定義

4 組織の状況

  4.1組織及びその状況の理解

  4.2 利害関係者のニーズ及び期待の理解

  4.3 食品安全マネジメントシステムの適用範囲の決定

  4.4 食品安全マネジメントシステム

 

5 リーダーシップ

  5.1 リーダーシップ及びコミットメント

  5.2 方針

  5.3 組織の役割,責任及び権限

 

6 計画

  6.1 リスク及び機会への取り組み

  6.2 食品安全マネジメントシステムの目標

       及びそれを達成するための計画策定

  6.3 変更の計画

 

7 支援

  7.1 資源

  7.2 力量

  7.3 認識

  7.4 コミュニケーション

  7.5 文書化した情報

 

8 運用

  8.1 運用の計画及び管理

  8.2 前提条件プログラム(PRPs)

  8.3 トレーサビリティシステム

  8.4 緊急事態への準備及び対応

  8.5 ハザードの管理

  8.6 PRPs及びハザード管理プランを規定する情報の更新

  8.7 モニタリング及び測定の管理

  8.8 PRPs及びハザード管理プランに関する検証

  8.9製品および工程の不適合の管理

 

9 パフォーマンス評価

  9.1 モニタリング、測定、分析及び評価

  9.2 内部監査

  9.3 マネジメントレビュー

 

10 改善

  10.1 不適合及び是正処置

  10.2 継続的改善

  10.3 食品安全マネジメントシステムの更新