科目

フードチェーンで食品安全を確保することができる管理栄養士(食品安全専門人材)を育成するという目標を達成するため食品安全管理に関する知識と技術が習得できる科目が開議されています。

 

○食品安全専門人材の到達目標は以下の7項目です。

  1. 食品安全に関する法規、制度を理解し説明できる。
  2. リスクと危害要因を理解し、説明できる。
  3. HACCPを理解し、説明できる。
  4. 食品安全専門人材育成プログラムを理解し、説明できる。
  5. ISO22000に基づく本学のFSMSを理解し説明できる。
    そして「衛生管理システム」の到達目標は
  6. FSMSを深く理解し改善提案ができる。
  7. 給食管理実習受講生(2年生)のスキル(知識・技能)を評価する力量を有する。

食品微生物学

微生物やその他の食品の危害要因に対して科学的かつ客観的な知識を身に付ける。

給食管理

特定多数人に対して継続的に食事を提供する施設における食の安全に関する基礎的な知識を身に付ける。

給食管理実習

食品微生物学および給食管理で身につけた知識を実習を通して理解するとともに、管理栄養士としてマネジメント力(リーダーシップ、コミュニケーション力など)を向上させ、衛生的かつ安全に遂行するための手技を身に付ける。


給食経営

食品の安全衛生に関する管理に必要な資源を活用し、給食の運営を事業として営むための知識を説明できる。

衛生管理システム

総合的なマネジメント力を向上させ、衛生管理に関する知識、経験、技能および評価スキルを身に付ける。